平成31年度生徒募集要項を掲載しました。くわしくはこちら。

和太鼓部フランス遠征五日目

フランス遠征五日目 フランスでの充実した日々も、あと2日となりました。今日はドラムショーの本番です。午前中はフリータイムなので朝食が済んだら自由行動です。午後からはリハーサル、本番となりますが、本日は割と時間に余裕があります。

  fra61

<朝食風景(1階が朝食、2階が昼食と夕食)> そういえばついつい食べる事に集中して、食事会場を撮影していませんでした。朝食はなぜかいつもガラガラに空いています。 こんな風にセルフサービスで準備します。朝食の内容は毎日同じです。  

fra62

<朝食> 毎日この朝食にリンゴかバナナを好きな人はとって食べます。  

fra63

<朝食会場> 今朝は日本チームだけしかいません。この後数名他チームが来ましたが、全チームが食べに来ているようには見えません。毎日夜遅いから食べないチームもあるのかな?  

fra64

<昼食会場> 朝食後は自由時間だったので、次は昼食です。昼食会場も今日は空いた席が多く、待つことなく食べる事ができました。  

fra65

<最終リハーサル> 食後すぐにアグノー音楽院へ移動し、午後2時からドラムショーの最終リハーサルです。昨日は練習がなかったため、みんな結構忘れている部分もあり、徐々に戸惑いの表情が強くなっていきました。大まかな内容は英語での会話ができるので良いのですが、細やかなニュアンスになるとフランス語→英語→日本語→英語→フランス語となるため、意思疎通に結構時間がかかります。 最終的に合同曲を完全な形で通して練習することができず、あとはベストを尽くして度胸と乗りと笑顔で頑張ろうと会場へ移動します。  

fra66

<いよいよ本番> いろいろと直前まで変更につぐ変更で、始まる前の部員の表情は緊張が見られましたが、演奏が始まるとみんな笑顔でリズムに乗って演奏しており、この遠征でずいぶん精神的にも強くなったと感じました。プログラム前半はとても順調に進み、昨日練習し本日初めて合わせたアグノー音楽院の子どもたちとの合同曲もとてもいい感じで演奏することができました。後半はいろいろと各グループの記憶違いや間違えた部分もありましたが、日本チームからウガンダチームへのリズムバトル2回目の無茶振りも素早く応えてくれて、最終的には大変盛り上がったステージとなりました。司会者が「この3チームはアグノーに来て初めて練習し、たった6時間でこのように仕上げました」とコメントすると、会場からどよめきと大きな拍手がわき起こり、再びスタンディングオベーションで讃えてくださいました。  

fra67

<演奏を終えて記念写真> 本日の演奏はこれで終了なので、夕食後は希望者でオブロンホールへ行き、これまで見ることのできなかった他チームのステージをじっくりと鑑賞することができました。宿舎に戻ったのは午後11時30分。いよいよ明日は最終日、疲れを取るため早めに寝ます。おやすみなさい。