沿革

明治40年、山陽高等学校は男子校とスタートして平成19年に100周年を迎え、平成23年には男女共学となりました。

沿 革

明治40年 4月 8日 石田米助により広島市宝町に中学校を創立
昭和 8年 1月27日 山陽商業を創設
昭和20年 8月 6日 原爆のため校舎及び付属施設全焼
昭和21年 4月17日 広島市元宇品町旧高射抱隊跡を仮校舎として授業再開
昭和22年 3月31日 学制改革により新制中学校併設
昭和23年 3月12日 広島市宝町の新築校舎に復帰
5月 3日 学制改革により新制高等学校普通科、商業科に改める
6月 1日 高等学校に定時制課程を置く
昭和35年 1月26日 広島市観音新町の県有地払い下げを受け、工業科(機械科、電気科)を創設
昭和41年 4月 1日 全課程を宝町校地より観音新町校地に移す
昭和46年 12月23日 校長に滝口忍郎(元県教育長)就任
昭和47年 4月 1日 石田学園と分離し、山陽中、高等学校は新学校法人広島山陽学園として発足
(理事長 正岡旭)中学校生徒募集停止
6月16日 校長に宇都宮満(元県高等学校校長会会長)就任
昭和48年 7月 1日 格技場及び食堂(3階建)完成
昭和49年 6月10日 視聴覚教室完成
昭和50年 4月 1日 電気科生徒募集停止、LL教室完成
昭和53年 5月 1日 校長に浜本正弘(元県教育次長)就任
昭和54年 2月15日 五号館防音対策工事完了
昭和58年 1月31日 二号館改築工事完了(4階建、図書館、製図室、普通教室、その他)
昭和59年 4月24日 理事長に滝口忍郎就任
昭和60年 4月 1日 校長に児玉稔(元県中学校校長会会長)就任
昭和61年 4月 1日 理事長に宗政美三(元県弁連会長)就任
昭和61年 ~平成元年 体育館・正門門標・商業科OA教室・LL教室 改修工事完了
平成 2年 2月27日 理事長に山本 誠就任
4月 1日 校長に秋岡 修就任
平成 4年 3月 3日 校長に大石昌之就任
平成 5年 4月 1日 普通科にAコース、体育コース設置、商業科を情報処理科へ改組
平成 7年 3月16日 一号館、研修館完成
平成 9年 4月 1日 OA教室設備更新、ワープロ新機種45台導入
情報処理室設備更新、PC新機種ネットワーク45台導入
平成10年 3月 7日 理事長職務代理者に佐保文生専務理事が兼務で就任
4月 1日 校長に脇 康冶(元県立図書館館長)就任
平成12年 4月 1日 普通科に国際情報コース設置
10月17日 理事長に岸 英雄就任
平成13年 8月31日 二号館~五号館校舎外壁改修工事完了
平成14年 4月 1日 情報処理室・OA教室PC更新、普通科情報教室完成、機械科PC更新
8月28日 機械科マシニングセンタ・NC旋盤設置
平成15年 4月 1日 普通科(一般)に選択パック制導入
平成16年 4月 1日 校長に津田義則就任
9月10日 ソフトテニスコート人工芝工事完了
平成17年 10月30日 野球部室内練習場完成
平成18年 4月 1日 普通科Aコース改編 国公立専攻・クラブ専攻を設置
平成19年 3月 1日 グラウンド人工芝工事完了
10月28日 100周年山陽祭
平成20年 8月31日 情報処理室・OA教室・普通科情報教室 PC更新
平成22年 4月 1日 普通科改編 特進コース・進学コースを設置
校長に田邊 康嗣就任
平成23年 4月 6日 共学化での初の入学式 38名の女子生徒普通科へ入学
平成24年 4月 1日 情報処理科改編 情報会計科に科名変更・共学化
平成25年 4月 1日 クラブハウス・女子寮完成
校長に高橋 一志就任
平成28年 4月 1日 理事長に市原 則之就任
8月25日 本館完成
平成29年 4月 1日 普通科改編
特進フロンティアコースを設置
機械科を工学科へ改組