いよいよ明日から県総体です!

 

第70回広島県高等学校総合体育大会空手道競技

会場 広島県立総合体育館 剣道場

5月27日(土)10:00~開会式

10:30~18:00競技

5月28日(日) 9:00~16:00競技

 

自分に負けず、練習してきたことの全てを出し切って闘ってきます。

 

IMG_3050

 

思うは招く!夢は叶う!  やるぞ!山陽空手道部!


夢があるから強くなる

040

日本トップリーグ連携機構代表理事会長の川淵三郎氏から頂いた色紙を拡大し、本館メディアスペースに掲げました。川淵氏といえば「川淵キャプテン」として日本サッカー界の発展に大きな足跡を残されたことで有名です。そこで、本校男子サッカー部・女子サッカー部が集合して記念撮影を行いました。「山陽ドリーム 夢があるから強くなる」 この言葉を胸に「優勝」を目指して県総体に臨みます。


県リーグ 第2節 & Liga Student 第4節

P5071978-3
5月7日(日) 県リーグ 揚倉山運動公園下段

4月から始まった県リーグの第2節。対戦相手は舟入体協さんです。山陽はケガの選手が多く10人で試合に臨みます。
前半開始1分、相手FWの突破を許し失点。しかし、その後立て直しを図りつつ攻撃に転じる山陽は16分にナギサがキーパーの弾いた球を押し込み同点に追いつきます。18分にもマミから受けたパスをナギサが決め2点目。22分にはコーナーからゴール前に入ったボールが混乱したところをユキが押し込み追加点。さらに32分にナギサが右から抜け出しシュートを決め、うれしいハットトリックとなります。
後半、ポジションを入れ替え試合開始。マミが左足シュートを決め追加点。しかし、再び相手FWに抜け出され失点します。その後、17分にマミが突破し追加点、さらに24分にはヒカルが落としたボールをマミが冷静にループで決めハットトリック達成となります。最後、ATに相手側のオウンがあり結果8-2で勝利を収めました。5月7日の段階で山陽高校は県リーグBグループ暫定首位となりました。

5月7日(日) Liga Student第4節 武田学園グラウンド

県リーグとほぼ同時刻に始まったLiga Student第4節。相手は広島文教女子大学附属高校さんです。前半失点した後すぐにサキがシュートを決め1-1。しかしその後2点決められ1-3で折り返します。後半、DFミキがケガでピッチから出たあと、交代選手のいない山陽は10人での戦い。攻撃を止めきれず4失点。1-7で試合を終えました。

出場可能なメンバーが21人、同時刻に2試合という厳しい展開ではありましたが、多くの反省点もあります。県総体まで3週間、しっかり修正しながら臨みたいと思います。


ゴールデンウィーク

ゴールデンウィーク中の5月2~6日を利用して、三重高校に4泊5日の合宿に行きました。到着早々、三重高校の人工芝テニスコート11面に驚いた様子でした。

三重高校を中心とする強豪校が集まり、3日間ソフトテニス漬けで試合をしました。様々な高校と交流する中で1プレー1プレーに刺激を受け、また、気遣いや振る舞いについても改めて見直すところがあったのではないのでしょうか。

また、7日には「第37回 ナカ杯近県クラブ対抗ソフトテニス大会」に今年も参加させていただきました。

昨年は、一般の方々相手に一勝もできませんでしたが、今年は山陽高校A・B・Cの3チームが出場し、山陽高校Aチームは決勝トーナメントへとコマを進めることができ、ベスト8に入ることができました。「広島県総体」まで1ヶ月を切りました。このゴールデンウィーク中に学んだことを活かして、これから更に練習に励んでいきますので、応援の程よろしくお願いいたします。


Liga Student 第3節~アウェイ戦、徳島へ

P4301987-2
4月30日(日) 四国大学しらさぎ球技場

Liga Student 第3節はアウェイ、インカレ全国大会2年連続出場の四国大学さんとの対戦です。
朝7時に出発した一行は途中早めの昼食を取りながら4時間かけて会場へ到着。2015年に出来たばかりのすばらしい人工芝グラウンドでした。
12時30分より試合開始。気温はぐんぐん上がり、初夏を思わせるピッチを汗だくになりながら走ります。前半19分に抜け出した相手にシュートをうたれ、キーパーの弾いたところを押し込まれ失点。しかし1分後、相手の間をうまく抜け出しパスを受けたマミが技ありのシュートを決め同点に追いつきます。前半はそのまま1-1で終了、後半に臨みます。
後半30分までは一進一退、試合は膠着します。しかし32分、キーパーが弾いたところを再び押しこまれ失点、2分後にも失点し試合終了。最後で踏ん張りきれず敗戦となりました。
確実に成長していますが、もうひとつ殻を破る必要がある山陽高校女子サッカー部。GWにしっかりと追い込みたいと思います。保護者の皆様、遠方からの応援ありがとうございました。

山陽 1-3 四国大学


今年度から県リーグに参戦します!

P4232067-2
4月23日(日) 揚倉山運動公園上段

今年から山陽高校女子サッカー部は広島県女子サッカーリーグに参加させてもらうことになりました。規定で2部リーグからのスタートです。
第1節は社会人チーム「吉島レディースサッカークラブ」さんとの対戦。1・2年生チームで臨む山陽、はじめ攻撃やポジションがかみ合わずになかなか得点をあげることができません。20分過ぎ、マミのシュートで均衡を破ったあと、ヒナタのロングシュートが決まるなど前半4-0で折り返します。
後半も何度となくあった決定的チャンスを決めきれず追加2得点で試合終了。6-0でまずは1勝をあげることができました。
目指すは1部リーグ、一年間頑張ります。


Liga Student 第2節~広島大学と分ける

P4221987-2
4月22日(土) 山陽高校人工芝グラウンド

リーガ第2節は広島大学さんとの対戦です。テクニック・スピードのある相手に3年生を中心に挑みます。
前半いい意味で緊張感を持って試合を進める山陽イレブン、粘りのあるプレイで攻撃をかわし続けます。そして25分、FW出場のナツミが抜け出し待望の先制点を決めます。しかし前半終了間際にファウルからのフリーキックを決められ同点。1-1で前半を折り返します。
後半2分、山陽はコーナーからゴール前が混戦となったところをサキが押し込み再びリード、15分にもチカがキーパーをかわし追加点をあげます。逆に16分、広大のコーナーキックがオウンゴールとなり3-2と詰められます。このまま粘りきりたいところでしたが終了間際に突破を許し失点。3-3で試合を終えました。
内容的に収穫のある試合でした。課題を修正しながら県総体へ向け力の上積みを図っていきたいと思います。今後も応援よろしくお願いいたします。


広島県総体広島地区予選

4月22・23日に翔洋テニスコート(広島中央庭球場・バレーボール場)にて「広島県総体広島地区予選会」が行なわれました。個人戦では1年生を含めた9ペアが出場し、3ペアが県総体出場を決めました。

2日目の団体戦では男座監督の下、選手・応援団一丸となり声を出し全力で向かっていきます。

結果としては「②対1」勝ち、広島県総体へとコマを進めました。応援していただいた皆様ありがとうございました。また6月の「広島県総体」に向け練習に励みますので、引き続き応援の程よろしくお願い致します。


春季選手権大会(県知事杯)

4月15・16日に福山の「竹ヶ端運動公園庭球場」「福山城公園庭球場」にて「春季選手権大会(県知事杯)」が行なわれました。1日目は春の嵐で桜吹雪の舞う中での試合でしたが、2日目は一転、晴天の中試合を行なうことができました。

山陽高校からは全部で6ペアを参加し、春田・藤本ペアがベスト32に入りました。応援していただいた皆様、ありがとうございました。今週末には「広島県総体広島地区予選」があり、6月には「広島県総体」があります。それに向け更に練習を重ねてまいりますので、引き続き応援の程よろしくお願い致します。


新戦力

ハンドボール部です。
先日行われた広島県高等学校ハンドボール選手権大会の、結果報告をします。
新1年生の入学にともない、男女とも新しいチームになりインターハイの予選に向けた戦いが始まります。

女子は4人の新入生を加え、春から合宿を重ねてきました。全国の強豪校とともに合宿をし、課題を見つけ、改善し、自信にもつなげてきました。
そんな中での初戦の賀茂高校との試合は、32対9で力を発揮することができました。
決勝の桜が丘戦では一進一退の攻防が続く中、後半から抜け出し始めます。
これまでの試合では1点差のゲームでしたが、7点差での優勝と合宿の成果が出たゲームとなりました。1年生も要所でしっかり活躍し、新しい力をいい形でつなげることができました。

7R8A1054

一方男子は5人の新入生を加え戦いが始まります。ベンチ外の選手が出ることにより競争意識を植えつけられてきました。その効果か、呉工業に30対7、呉三津田高校に24対16と順調に勝ち進みます。決勝では向原高校と対戦します。チーム全員で盛り上がれることが1番の強みで、得点が入るとベンチで全員が立ち上がります。その結束力を前半から見せつけ28対13の大差で優勝しました。

この大会の結果を持って、5月の13日、14日に行われる中国大会に出場することになります。少しでもいい結果を残せるように、練習に励んでくれると思います。
また、今年度の県大会では、全ての大会で男女そろって優勝しています。残す県大会はインターハイをかけた大会だけになりました。
しっかり準備し、いい状態で迎えられるようにがんばっていきたいと思います。