保護者対象の「イブニング入試相談会」を開催します →詳しくはこちら

それぞれのホームステイ NZ短期語学研修10 ~12日

9日目夕方~12日目の朝にかけて、2人ずつで1家庭にステイさせていただきました。

それぞれの家庭で牧場や、映画、ショッピングに連れて行ってもらったり、日本から持って行ったお土産のおもちゃで遊んだり… もちろん、お家の手伝いもしたりして、家族の一員として週末を過ごしました。

12日目
今日からは、新しい学期が始まるため、IPU NZの学生さんたちと混ざって、グレード別の授業に参加です。今まで授業に入る前の特別な授業をしていただいていたので、仲間と別れて受ける授業に、不安な面持ちで授業に向かいます。

難しい授業に頭がパンクしながら大学生と一緒の授業を1日受け、夕方はハカ(ラグ日ーのニュージーランド代表All Blacksが試合前に踊る、「カマテ カマテ」でおなじみのマオリ民族の踊り)を習うアクティビティに参加。
まず、円になって踊りを練習した後、2列に並んで踊りました。想像以上に難しく、なかなか自信を持ってかっこよく踊れませんでした。

ハカの練習の後、夕食までの自由時間は体育館でバスケットボールやインドアホッケーをして、みんなでいい汗をかきました。


夕食後はIPU NZの学生さんの和太鼓グループ鼓魂(Kodama)とのワークショップ。まず、一曲披露され、その後、みんなで「夏祭り」という曲を練習して一緒に演奏しました。鼓魂のみなさんはとてもエネルギッシュで、本当に楽しそうに太鼓を演奏されていました。すてきな演奏、そして楽しいワークショップをありがとうございました。