2023年度入試特集ページ

2022日本室内陸上競技大会   真野選手 走高跳優勝   

真野友博 選手(九電工)

走高跳 優勝 2m24(大会タイ記録)

3月13日(日)、2022日本室内陸上競技大会に陸上競技部OBの真野友博(九電工)選手が出場しました。2m10から競技をはじめ、2m15・2m18・2m21と1回でクリアし2m24は2名のジャンプオフへ。この高さを見事1回で成功させ優勝しました。2m24のジャンプは非常によくもう少し跳べていたなあと感じました。2020年に日本選手権を制覇し、今回室内日本選手権も制覇しました。今年は世界選手権陸上・アジア大会が控えています。今現在のワールドポイントランキングは32位で、世界大会への参加標準記録は2m33であり、この記録がターゲットになります。持ち前の助走での内傾動作や捌き・速い踏切に磨きをかけ、2m35の日本記録を視野に入れ頑張ってもらいたいです。