【毎週更新!】本校の魅力を各クラスがビデオで紹介する「ここがえぇんよ!山陽高校」

第7回女子硬式野球西日本大会(硬式野球部(女子))

11月も半ばを過ぎ、朝晩の冷え込みが激しくなってきています。

そんな時期でも、11月13日から2日間をかけて、地元である広島県で

「第7回女子硬式野球西日本大会」が開幕!

寒さに負けない熱闘が三次市で繰り広げられました。

 

 

 

 

1日目は、三次きんさいスタジアムにて開会式を行い、東近江バイオレッツさんと岡山学芸館高校さんと対戦させていただきました。女子野球ならではの球場の雰囲気の中、選手たちは全力を尽くして戦いました。

 

 

 

 

2日目は、1日目の試合結果から順位別トーナメントが組まれました。

カーター記念球場にて、倉敷ピーチジャックスさんと福知山成美高校さんと対戦し、3位トーナメント(順位別トーナメント)で2位という結果を残すことができました。今年度に創部し、一期生のみのチームですが、大会において初勝利をつかみ、選手たちの自信につながったのではないかと思います。

それでも、まだまだ課題は山積み!

冬の練習に向けて、気持ち新たに意気込んでおります。

 

[試合結果]

対 東近江バイオレッツ 0-7(4回コールド) 負け

対 岡山学芸館高校 5-6 負け

対 倉敷ピーチジャックス 3-1 勝ち

対 福知山成美高校 0-5 負け

 

女子野球タウンであり、そして広島県三次市という地元でプレーできたことが、何より選手にとっては嬉しく、これからの励みになりました。三次市ならびに大会関係者の皆様、ありがとうございました。

引き続き、応援のほど宜しくお願い致します!