平成28年8月、山陽高校に新たな校舎(本館)が誕生しました。本館には普通科・情報会計科のホームルームのほか、理事長室や校長室、進路指導室や生徒指導室などが一つの建物に機能的にまとめられることになりました。

各階共通施設

本館には27の一般教室が配置されています。バリアフリー化も整っており、スロープやエレベーターの設置だけでなく、全ての教室がフローリングで段差のない出入り口になっています。
さらに壁には広島県産の杉板を使った「腰板」が貼られるなど、木のぬくもりと香りに包まれた教室となっています。また、トイレには温水洗浄機能を完備。更衣室は各階に設けられ、特に女子生徒が利用する際のアメニティが飛躍的に向上しています。

1階

1階には理事長室、校長室、進路指導室、入試対策室、事務室などの施設があります。また、本館アプローチ部分にはスロープと自動ドアがあり、車椅子で来校される方への配慮がなされています。
学園の運営関連の部屋だけでなく、進路閲覧室や面談室などの生徒が利用するための部屋も充実しています。また、校舎北側は600台以上の自転車を収容できる屋根下の駐輪場となっています。

2階

2階の教室などの内装色はブルーで統一されています。これは、人間が生きていくのに必ず必要な「水」をイメージしています。生徒の昇降口は本館2階中央部分になっており、本館の外観デザインの特徴にもなっている大きな階段を昇って本館に入ります。昇降口の先は広いラウンジになっており、正面に大画面のデジタルサイネージ(電子掲示板)を設置して映像や情報を伝達できるようになっています。
このフロアには職員室、普通科1学年・情報会計科1学年のホームルームが並んでいます。

3階

3階の教室などの内装色はグリーンです。大地を優しく覆い、私たちに恵をもたらす「緑」をイメージしています。3階の特徴は4階から屋上採光窓まで広がる巨大な吹き抜けとなるメディアスペースです。明るく開放的な大きな空間を使ったイベントや多彩な学習活動への活用が期待できます。
このフロアには普通科2学年・情報会計科2学年のホームルームと美術教室・音楽教室・書道教室といった芸術関連施設がまとめられています。また、個人ブース形式の机を配した自習室も完備。放課後の学習環境も大幅に向上しました。

4階

4階の内装色はペールオレンジで統一されています。これは私たちに優しく降り注ぐ太陽の光をイメージしています。南西側にはほぼ1教室分の広さのあるラウンジスペースが設けられており、窓からは瀬戸内海らしい島なみの広がる風景を楽しむことができます。ラウンジスペース横にも自習室が設けてあり、すばらしい景色に目を休めながら落ち着いて学習を行なうことができます。
このフロアには普通科3学年・情報会計科3学年のホームルームと家庭科、理科実験室が配置されています。