保護者対象の「イブニング入試相談会」を開催します →詳しくはこちら

工学科 インテリアデザインコース

人間生活に必要な衣・食・住。その中で、「住」をテーマとした新しいコースが、2020年4月、山陽高校に誕生します。山陽高校のインテリアデザインコースは工学科に設置されることで、専門学科ならでは深い学びを実現します。

目指す進路
生活デザイン・建築デザイン系の大学・専門学校への進学
家具製造・インテリアデザイン関係の就職

全てにつながる基礎を学ぶ1年次

1年次は全てのコースに共通の科目を学習します。その中には2年次以降につながるデザインの基礎の学習の他、家具作りには欠かせない「製図」が含まれています。

インテリアデザインに特化した2年次の授業展開

2年次からは専門コースに分かれ、インテリアデザインに関する専門科目の時間数も大幅に増加。「インテリア計画」や「デザイン技術」をはじめ、コンピュータを使った「CAD製図」を学びます。
また、実習ではそれまでに学習した製図やデザイン等の知識を生かした木工制作に取り組みます。

より専門性を深める3年次

3年次には、より高度で実践的な内容に挑戦。2年次から継続して学ぶ「デザイン技術」に加え、製図も三次元の図面制作を行う「3DCAD製図」を習得します。さらにインテリアに関する素材の特性を学ぶ「インテリアエレメント生産」、実物大の家具の制作に取り組む「木工デザイン実習」、3Dプリンタによるミニチュアルーム作成を通じて部屋のトータルコーディネートを考える課題研究など、インテリアデザインに関するしっかりとした技術の習得を目指します。