第1回オープンキャンパス 申込受付中!くわしくはこちら。

【同窓の人】  ~市原則之氏~

同窓の人 ~活躍する山陽卒業生~

市原則之さん

山陽高校出身の著名な方を紹介する新しいコーナーです!
第1回は市原則之氏。氏は本校理事長ですが、人物紹介として敬称を略さずご紹介させていただきます。

平成28年より本校理事長として就任した市原則之氏は、本校在学中にハンドボール部に所属して大学へ進学、卒業後就職した会社のハンドボール部で活躍されました。その後、湧永製薬のハンドボール部を創部され、主力選手として「実業団選手権」・「国民体育大会」・「全日本総合」・「日本リーグ」のハンドボールの四大タイトル全てに優勝する活躍をされました。その後も監督・部長として合計20回の優勝へチームを導きました。

ハンドボールの日本代表選手としても世界選手権で活躍し、1983年には日本代表の監督に就任。1985年からは全日本実業団ハンドボール連盟理事長として、またその後も日本ハンドボール協会専務理事、同副会長を務め、日本のハンドボール界を牽引して参りました。

オリンピック関連では1996年のアトランタオリンピック、 2000年のシドニーオリンピック、2004年のアテネオリンピックの3大会でJOC(日本オリンピック委員会)の本部役員を務め、JOC常務理事兼選手強化副本部長ならびにJOCゴールドプラン委員長を務めました。

2009年、日本オリンピック委員会専務理事に就任し、ハンドボールのみならず世界に向けた日本のスポーツ界の発展に尽力されました。そして今なおわが国のスポーツ界のオピニオンリーダーとしてリーダーシップを発揮しています。

→もどる