第2回オープンキャンパスエントリー受付中!

マキハタNZ自然キャンプ…NZ短期語学研修3~4日目 

雨の心配をしながら、マキハタNZ自然キャンプへ。

2日間のキャンプのスタートです。

まずはHigh Ropeというアクティビティへ移動。

梯子→柱を上り、丸太の上を歩いて、ロープで降りてくるもの。丸太の上を歩くのは怖かったけど、降りてきたらみんなでハイタッチをしあいました。

梯子を上り、上からロープで降りてくる2種類のアクティビティを体験。かなりの高さで、登るのは大変でしたが、降りてくるのは気持ちよかったです。

細いつり橋を渡りBBQ会場へ移動

みんなで手分けをして、ハンバーグとソーセージを焼き、薪を割り、火をおこして完成したハンバーガーとホットドッグはあごが外れそうな大きさ!美味しくいただきました。

デザートに、マシュマロを木の枝に差し、おこした火で焼いて食べました!外はカリッと、中はとろーり。満腹になったところでFlying Foxへ。ロープに滑車をかけ、ロッジまで滑り降りました。登るのは大変だったけど、降りるのはあっという間。みんな颯爽と下っていきます。

夕食後、キャンプ初日最後のアクティビティ。IPUニュージーランドの学生さんたちが企画をしてくれ、今日のアクティビティで使った英語表現の復習。体験と結びつくと英語も覚えやすいですね。その後の自由時間では学生さんたちとトランプをして交流を深めました。

キャンプ2日目。夜中に大雨と雷で、予定を変更しなければならないかと心配しましたが、朝には何とか雨も上がり、Bush Walkへ。山道を歩き、木の枝やシダの葉っぱなど、自然の恵みを使って緊急避難時に作るシェルター作りを体験。万が一のために着ていったレインコートなども使い、それぞれ個性的なシェルターができました。自然の中でもたくましく生きていけそうです。

お昼ですべてのキャンプの予定を終え、記念撮影。疲れたけど、楽しく過ごすことができました。

午後はOwlcatrazへ。普段は夜行性で動いているところを見ることができないフクロウを見学し、アルパカやロバなどたくさんの動物と触れ合うことができました。また、土ボタルを見ることができました。人の話し声でも死んでしまう繊細な生き物ということで、写真におさめることができず、残念ですが、想像以上に数も多く、明るく、洞窟の中は幻想的な空間でした。