山陽特進OB、司法試験に一回目の挑戦で合格!

IMGP0099

山陽高校特別進学コースOBの角本 航くんが、今年度実施の司法試験に一回目の受験で見事合格を果たしました。合格後、山陽高校を訪問してくれた角本くんからメッセージをいただきましたので紹介します。

【角本くんの経歴】
2008年 山陽高校普通科特別進学コース  卒業
2012年 神戸大学法科大学院   合格
      広島大学法科大学院   合格
      同志社大学法科大学院  合格(授業料免除)
      立命館大学法科大学院  合格(授業料免除)
2015年 司法試験合格

【メッセージ】
私は、同志社大学法科大学院修了後、司法試験を受験し、一回目の受験で無事合格することができました。
 司法試験は各種資格試験の中でも最も難しい試験だといわれていますが、私が司法試験に合格することができたのは、決して才能があったからではありません。
私が司法試験に合格することができたのは、日々目標に向かって努力を積み重ねてきたからです。夢を叶えるために必要なのは、正しい方向で努力を怠らず、少しずつかもしれませんが着実に前進し続けることです。これは、資格試験や大学受験に限ったことではなく、スポーツや技能を身につけるうえでもいえることだと思います。
 私は、高校在学中は特に夢もなく、目標に向かって努力することを怠っていました。そんな私が、いざ目標ができたときに努力し続けることができたのは、努力する力の基礎を山陽高校で過ごした生活の中で身につけることができたからです。山陽高校には学生が全力で頑張りたいと思ったときにサポートしてくれる体制があります。夢に向かって全力で頑張ってください。